- News - 

槌 音 購読会員 データWeb 会社概要 TOPへ

主要記事内容

<完成工事高一覧>/<次年度国・県要望事項一覧>/<発注機関人事異動詳報>
<資格試験・講習会要項>/<各種資格試験合格発表>/<入札公告・開札情報・結果速報>
<建設業行政>/<発注機関の予算と施工個所>/<催事・イベント記事>
 
 
9月25日付
●7月豪雨災害査定スタート、土木施設まず17カ所 ●いわき市、3橋の工事を公告へ
●ロボットテストフィールド、4分割で研究棟公告 ●富岡土木事務所発注見通し、広野小高線1工事追加
●県入札参加資格、工事195,委託85者認定 ●相馬港湾建設、相馬港海岸堤防を追加
●福島建築住宅センター、少人数向け出前講座開設 ●桧沢川復旧助成の床止工など見積もり随契
●国道349号大綱木工区、1工区改良工を公告 ●三島町9月補正、配水管布設費を追加
●二本松市、入札参加資格の追加申請は11月1日から ●県中建設事務所発注見通し、橋梁下部工など追加
●コメダが福島南中央店を新築 ●県中浄化センターに小水力発電、基本設計を発注へ
 
 
 
 
9月22日付
●県土木部の基準類改定、1日未満積算基準を新設 ●防災林造成、相馬地区は草野建設
●地域懇談会で全建が公共事業量の中長期見通し公表提案 ●弁別分区内管渠改築、みちのくNテックスに
●ふたば未来学園寄宿舎整備、10.1億で田中・常磐JV ●米児童クラブ設計・施工は大和リースを選定、西郷村
●将来ビジョンWG、県民と「新生ふくしま」実現 ●平田村、逆水論田線小平工区を拡幅改良
●本県所在企業の7月受注高22%減601億 ●いこいの森キャンプ場、リニューアルへ設計、只見町
●建設業入職新規高卒者、3年後離職率が47% ●CLT採用の公住・北沢又2、3分割、公募随契で
●相双建設事務所発注見通し、復興祈念公園CM追加 ●福島市、4橋の耐震・延命化を計画
 
 
 
 
9月20日付
●県地価調査、全用途平均0.8%増に ●堀坂トンネルのCo舗装工、混合で来月18日開札
●7月の県内新設住宅、市、郡部とも前年割れ ●相双地方振興局、百聞橋上部工など公告
●小名浜港東港、WTO・S型2件公告 ●県北建設、堰橋改築へ予備設計
●県溶接技術競技会、入賞37人を表彰 ●大玉村の石綿管更新、来年度1.2キロ区間布設替
●労災防止計画、13次も建設業は重点 ●寺内BP最終部、環状交差点を導入、県南建設
●時間外労働、建設業特例廃止検討を要請、厚労省 ●吉間田滝根線の改良、掘削工を公告、県中建設
●吉間田滝根線広瀬1号トンネル、28億で前田建設工業 ●落石不通の沼尾1号線、法面対策などで設計
 
 
 
 
9月15日付
●県内59市町村、公共事業費計上額3491億 ●石川町9月補正、旧役場跡地を利活用
●神楽山風力発電、32年の着工目指す ●下郷田島BP、盛・切土部で詳細設計
●建築匠賞コンクール、来月1日に募集開始 ●本郷第一小学校旧校舎など12月にも解体公告
●県優良工事、受賞36工事を知事表彰 ●いわき振興局、才鉢工区トンネル工公告
●東北中央道福島大笹生IC〜米沢北IC間が全線共用へ ●いわき市水道局、内郷宮町配水管改良は混合で来月11日
●県建産連専門工事業部会、法定福利費など意見交換 ●山木屋工区の下部工4基など菅野建設工業らが候補
●天栄村、給食センター移転へ、9月補正で地質調査 ●飯坂・清水小の耐震設計2件は小島事務所が落札
 
 
 
 
9月13日付
●環境再生3事業に5898億、環境省概算要求 ●地整郡山、49号猪苗代、4号鏡石拡幅で詳細設計を公告
●双葉道路工は県内土木A、来月27日開札で2件 ●福島市水道局、マッピングシステム構築で施設情報を一元管理
●県創業促進・企業誘致、設備等支援補助第3次公募 ●荒井小北校舎耐震設計など公告、福島市
●シマキュウ、若松の事務所建替え計画 ●下川内竜田停車場線の600メートル区間で改良計画
●東根川橋下部工など小林土木らに決まる、地整福島 ●井出長塚線・相馬波江線、簡易型で改良舗装工
●若松地区電線共同溝、今年度予備設計に着手、地整郡山 ●郡山市、片平町〜日和田間配水幹線更新を前倒し
●栃木西部・会津南道路、整備促進を国交省に要望 ●玉川ホーム中央棟改修工事を公告、太田福祉記念会
 
 
 
 
9月11日付
●「予算の安定確保」重点に、県建産連が県議会各派へ要望 ●須賀川土木事務所、庁舎新築で設計公告
●住宅セーフティネット法、来月25日の施行決定 ●鏡石まちの駅設置、渡辺建設に落札決定
●福島建築住宅センター、BELS評価業務を開始 ●市街化調整区域の宅地開発192区画計画、いわき市
●再生可能エネ導入支援へ大幅要求、経済産業省 ●技術者配置に厳しさ、復旧・復興相双連絡協
●大熊の建物解体工事公告、福島環境再生事務所 ●伊達市梁川の旧5小学校、年度内に利活用方針
●会津若松市、技能功労者に渡部氏ら、建設関連6人 ●復興公住CLT導入の北沢又2、今年度の発注を予定
●西会津町、特環下水長寿命化へ計画策定 ●山木屋1工区2号トンネル工を公告、県出納局
 
 
 
 
9月8日付
●県、最低制限価格等見直し、工事、平均1%引き上げ ●福島市、準幹線939メートル布設を計画
●石綿含有仕上塗材、改修・解体で対策必要 ●福島福祉施設協会、福島保育所建替を計画
●産学官連携シンポジウム、建設業の役割「見える化」を ●才鉢工区6・7号橋の下部工ほか、標準型で来月23日開札
●評価ポイント事前明示すべき、逆転落札増で県監視委 ●請戸漁港防波堤など発注見通しに5工事追加、相馬港湾建設
●産業復興企業立地補助、第10公募、39社を指定 ●いわき市文化センターの耐震診断、7.1億で加地和組候補
●北塩原村、若者定住住宅W造5棟、近く実施設計 ●須賀川市汚水処理施設整備状況、10億で管渠推進
●喜多方市、塩川浄化センター増設 ●東白衛生組合、し尿処理施設改修工事、来秋発注へ
 
 
 
 
9月6日付
●双葉・中野地区、海側23ha分 先行発注、UR初弾公告 ●石川消防署移転新築の古殿分署、3分割、26日入札
●県土木部の9月補正事業、7月豪雨で調査費追加 ●南相馬市9月補正案、小高拠点整備に14億
●住宅低炭素化に補助、ZEH化、CLT活用など ●399号平川橋上部工など、矢田工業らが候補
●イノベ関連に160億円、県復興・イノベ推進本部会議 ●し尿処理施設を公告、若松広域市町村圏組合
●相馬市下水処理場水処理設備その6、参加資格同一で再公告 ●会津坂下消防署建替、電気、機械設備を公告
●国交省、地域型住宅グリーン化事業、本県から30G採択 ●本宮市、ため池放射性物質対策、来年度に一部先行着手
●田村バイオマスエナジー、燃料チップ工場も整備 ●福島市、観山荘跡地造成など公告
 
 
 
 
9月4日付
●イノベーションコースト構想、ロボット拠点に70億 ●県中振興局、大窪橋上部工を公告
●働き方改革で重点対策、工期適正化支援へモデル事業 ●いわき石川線才鉢工区、橋下部工5基近く公告
●多能工化協業化、30年度にモデル事業 ●波江小高工区の整備、道路・橋梁で詳細設計
●仮置場等現状回復の留意点示す、県が技術指針を改定 ●相馬市スポーツアリーナ、第2体育館を整備へ
●相馬福島道路保原地区改良、多田建設が4.4億で落札 ●二本松市、山田・毘沙門堂線改良、600m区間に歩道新設
●県発注工事、7月落札率は92%割れ ●福島市、道路施設修繕に4億、9月補正に関連費計上
●西郷・熊倉地区保育所、参加申請期限は19日 ●沼平第3最終処分場、設計等に継続費設定
 
 
 
 
9月1日付
●29年上期新設住宅着工、会社・貸家が半減以下 ●国道349号小田川BP2、1号橋橋台を今年度
●公共土木施設災害査定、県道の地すべり被害12億 ●郡山市西部第一工業団地、日野興業が進出決定
●復興庁概算要求、中間貯蔵施設は71%増 ●会津若松市の9月補正、校舎建設費5.5億追加
●総務省、投資的経費11.4兆円、地方交付税要求額15.9兆 ●本宮市9月補正、第三保育所移転へ設計費
●国土強靭化関連4.5兆、公共事業関係費18%増 ●二本松市、安達支所東側に駐車場
●水産種苗研究施設北工区工事は小野・フジタJV候補 ●葛尾村、伝習館は東北工業らに
●国交省局別概算要求概要(2面に掲載) ●相双振興局、原町東復興基盤は関場JVに
 
 
 
 
8月30日付
●国交省30年度概算要求、公共事業費16%増6兆 ●福島市、天神橋補強を公告、入江町・桜木町線改良なども
●適正工期設定ガイドライン、関係省庁が認識共有 ●二本松市、臼石広田線の局部改良は来年度着工
●復興公住、CLT「北沢又2」着工へ ●相双地方振興局、いわき波江線改良を公告
●県総合防災訓練、大災害時の対応確認 ●いわき市、弁別分区内の管渠更生工、3工区を来月開札
●葛尾村被災建物解体20件、浜通りB・Cで公告 ●須賀川土木、事務所庁舎を建て替え
●ICTベンチャー、企業集積の中核起工、会津若松 ●田村市9月補正案、陸上競技場改修に1億
●伊達市子どもの物語博物施設プロポ、最優秀にTRアトリエ ●安積、虎丸小規模保育所、近く制限一般公告へ
 
 
 
 
8月28日付
●福島イノベ・コースト構想、早期の事業化に期待 ●あづま陸橋など2跨線橋、早期の劣化対策実施へ
●吾妻山減災計画、仮設堰の設計実施、地整福島 ●福島市、三小、蓬莱小の体育館を耐震補強
●県土木部、第1四半期契約実績145件 ●山木屋1工区の2橋下部工を一括公告、県出納局
●汚水処理、28年度本県普及率は81.8% ●4号・鏡石大池地区、ICT舗装工を公告
●内訳書に法定福利費、直轄の工事請負契約書改定 ●郡山市9月補正案、道路維持に3億措置
●復興道路本谷洞線の改良、近く一般競争を公告 ●須賀川市、二小児童クラブ館建築は環境建設が落札
●南相馬のホテル西山建て替え、紺野工務所が施工 ●三島町が国立環境研究所と協定、木質バイオマスとICT
 
 
 
 
8月25日付
●県建協と県土木部が意見交換、入札制度面の検討必要 ●いわき振興局、夏井地区のゲートポンプなど簡易型で
●県省エネ住宅改修補助、1日から第2回募集 ●会津坂下町新庁舎候補地、30年2月に中間答申
●道路老朽化対策で予算・財源の安定確保を、社整審建議 ●福島市9月補正、道路施設老朽化対策に6.1億円
●2級建築技術検定、過去2番目の高水準 ●清水地区の除去土壌収集・運搬、6.9億で日新・小林JV
●ふたば未来学園普通教室ほか、横山・亀谷JVに ●二本松市の文化観光施設の基本設計、県設計協組に委託
●楢葉町、笑ふるタウン共同店舗は諸橋建設工業が落札 ●県初のICT活用モデル工事、三和工業、関組が候補
●相双振興局、復興基盤原町東は庄司JVに ●矢祭町、保健福祉センター・軽費老人ホームは設備一括で
 
 
 
 
8月23日付
●喜多方市、歴史建造物保存で「適用除外」へ条例化目指す ●相馬市、31日に橋梁詳細設計を指名競争入札で
●「活力ある建設業を考える」シンポ、来月5日に日大工学部で ●太田福祉記念会、今年度は玉川ホーム中央棟
●多能工育成、来年度に指針策定へ、国交省 ●西郷村、雪割橋上部工は横河ブリッジ
●第63回県溶接技術競技会、知事賞に笹川、鈴木さん ●石川町、文教福祉複合施設整備は7.5億で鉄建が落札
●広瀬大橋のA2橋台工、地域要件拡大し再公告 ●福島市、自転車ネットワーク整備実施計画策定へ
●ふたば未来学園普通教室棟ほか、電気は高柳、機械は伊藤冷機 ●県北建設の発注見通し、下田橋上部工など6件追加
●下浅貝7号線の道路新設、市内土木特A・Aで ●289号八十里越管理施設等の概略検討はパシフィックコンに
 
 
 
 
8月21日付
●公共土木施設災害査定、浪江町が年内に町道数十カ所申請 ●郡山市のゲリラ豪雨対策、初弾、麓山調整池を公告
●今年上半期セメント販売高、2年連続で前年割れ ●郡山市発注見通し、追加155件を含む273件
●国交省、標準的履行期間作成へ、設計ミスを防止 ●郡山地方広域消防組合、新消防署設計を公告
●スマートコミュニティ、きょうから補助公募 ●東亜電気工業が徳久工業団地に工場新築
●中間貯蔵予定地、契約件数が1千件超 ●南会津建設、国道352号穴沢橋架替を計画
●桑折町新庁舎基本設計プロポ手続き開始、複数事務所を指名 ●双葉町8月補正、中野地区の復興産業拠点
●公秀会、サ高住新築、仙建工業に ●いわき建設、橋脚1基を近く公告
 
 
 
 
8月18日付
●県優良工事、磨いた技術38社知事表彰 ●西郷村、直売所建築で一般競争
●環境省、フォローアップ除染、線量など測定し判断 ●湯野上BP、橋梁下部工2件公告
●小名浜道路、4号橋ほか上部工公告 ●会津坂下消防署建て替え、建築主体を公告
●川俣町・山木屋の建物等解体撤去は斉藤運輸工業に ●県北建設、県道2路線で改良計画
●県除染講習会、来月6日まで申込受付 ●二本松城文化観光施設の基本案、設計協組と随契へ
●JR東日本、馬場山風力発電は32年度の着工目標 ●八木沢地区復興基盤整備2件、庄司・マルトJVに
●平田村、こども園建設を検討、年度内に方向性決定 ●湯本跨線橋の旧橋撤去工は簡易型で来月19日開札