- News - 

槌 音 視 点 購読会員 データWeb 会社概要 TOPへ

主要記事内容

<完成工事高一覧>/<次年度国・県要望事項一覧>/<発注機関人事異動詳報>
<資格試験・講習会要項>/<各種資格試験合格発表>/<入札公告・開札情報・結果速報>
<建設業行政>/<発注機関の予算と施工個所>/<催事・イベント記事>
 
 
7月21日付
●県土木部の優良委託業務19社20件、皆川測量3年連続 ●特養ホームあつかし荘の増築は亀谷建設の落札決定
●5月のセメント販売高、6ヵ月ぶり前年上回る ●国道349号広瀬大橋上部工は矢田工業らが落札候補
●国土強靭化、県が地域計画素案作成 ●郡山市、未除染道路側溝堆積物の撤去を公告
●東北整備局、優良工事など功労者を局長表彰 ●役場庁舎と会津田島駅間をシンボルロードに再整備
●富岡のフォロー除染、WTO標準型で公告 ●塩川福祉センターの耐震改修工事を公告
●相馬福島道路東根川橋、拡大Cで下部工公告 ●浪江町、27日にいこいの村など3分割で入札
●北芝電機が新工場6800平米、小柳建設で設計 ●才鉢工区の現道付け替え、簡易型で来月21日開札
 
 
 
 
7月19日付
●最大予算確実に執行、東北地整・津田新局長が就任会見 ●県北浄化センターの圧送管、A.Bで来月10日開札
●国土交通省、許可・経審の電子化検討 ●福島市、管渠1.2キロ布設を計画
●追悼と伝承の場に、復興祈念公園基本構想とりまとめ ●高萩塙線木野反工区、8月に1号橋詳細設計
●長塚中野復興シンボルロード、県道2路線をBP化 ●県中農林事務所、沢井地区初弾測量を公告
●船引BP改良工で初のICT活用工事公告、県中建設 ●会津坂下町、庁舎建替構想が始動
●県庁舎等維持管理、来月1日から予約受付 ●いわき市渚保育所の園舎改築、補正で年度内着工へ
●県北農林、岩堰を転倒堰へ改修 ●相馬市、初野射撃場を再整備、27日に測量設計入札
 
 
 
 
7月14日付
●フォーラムがんばろう東北、国要望7項目を採択 ●だて児童クラブ、来月にも基本設計委託
●新たな道路政策で建議案、道路メンテ第2段階に移行 ●二本松市茶園団地建替事業、新築工事2件公告へ
●29年度東北地整優良工事・業務、昭和建設工業ら局長表彰 ●福島市栄町の既存建築物解体など大丸工務店らが落札
●建災防県支部、石橋建設らに優良賞 ●本名橋上部工はピーエス三菱が候補
●建設企業への合併支援、県が事務経費の一部を助成 ●只見町、旧中学校舎を役場庁舎に、年内に改修工事着手
●地整郡山の優良業務・工事、会津土建らに決まる ●郡山市発注見通し、陸上競技場改修を追加
●いわき振興局、399号の橋上部2件公告 ●棚倉町浄化センターの長寿命化,10月ごろ耐震設計入札
 
 
 
 
7月12日付
●28年 年間戸建て住宅、県外企業受注ほぼ半分 ●中島村ゲートボール場改修は笠原工業に決まる
●インフラメンテ技術者育成、基礎コース今秋募集 ●たむら支援学校、3分割公告、31日開札
●ロボットTF整備、実施設計・測量に着手 ●子どもの物語ミュージアム新築、簡易公募プロポを実施
●ふたば未来学園特別教室棟建築は田中・堀江JVが候補 ●土湯温泉町再生、申請期限26日で公告
●小名浜道路5号橋PC上部工公告、NEXCO東日本 ●三井生命会津ビルを建替え、福田組が施工
●小中学校耐震率、本県ワースト2変わらず ●いわき市下浅貝7号線の道路新設、市内対象で来月2日
●石川BP4号橋上部・2号橋下部工、今年度12億で事業推進 ●相双振興局、海岸防災林2件公告
 
 
 
 
7月10日付
●インフラメンテナンス、産学官で技術者育成へ ●真野川漁港、復旧工事最終段階へ
●中間貯蔵施設整備第2期、大熊の3工区は準備工 ●古殿町、コスモス荘改修公募型プロポーザル
●ふたば未来学園普通教室棟、ロット変更3分割公告 ●小野町、旧アルパイン寮改修、定住サポート館に
●県除染講習会、参加受付20日まで ●三春町、白山配水池を更新、9月に指名競争で
●県発注工事、2ヵ月連続で大幅減、落札率は95%超 ●只見川河川整備、初弾・土倉地区が起工
●神明通りアーケード、建築基準法の許可クリア ●会津若松市の滝沢浄水場、太陽パネル9月着手
●いわき市の宅地開発、上矢田に35区画計画 ●川俣町、町道改良など事業化検討
 
 
 
 
7月7日付
●小名浜道路、4号橋架設工発注へ ●郡山地方広域組合、新設消防署の建物設計を秋前発注へ
●下小国橋上部工を発注へ、WTOで第4四半期 ●桑折町の新庁舎、3階建て約3900平米を想定
●UR・大熊町の公営住宅、基本計画検討でプロポ ●大鳥中学校耐震補強、設計は佐久間秀事務所
●相馬福島道路保原地区改良、県内本店・土木C対象 ●南会津町、木のコミュニティ施設など計画
●常磐道、橋上部工など12件追加、東日本高速発注見通し ●国道118号若松西BP改良、会津土建が落札候補
●郡山国道、赤沢地区改良を公告 ●楢葉町の種苗センター、プロポ2件手続き開始
●郡山市、東部幹線高架橋に着手、P2橋脚の一般競争公告 ●皿貝工区の道路改良、簡易型で来月7日開札
 
 
 
 
7月5日付
●県内建設工事出来高、震災以降、初の減少 ●石川消防署、10月発注へ向け準備
●国土交通省、道路橋示方書で改定案 ●雪割橋架替、上部工製作架設を公告
●日銀短観、建設業の業況横ばい、先行き大幅ダウン予想 ●相双振興局、来月9日に総合評価3件
●29年分路線価、4署で最高価に伸び、喜多方は再び下落 ●南相馬市、配水池耐震は関場建設
●県建協経営合理化委員会、3WGで課題検討 ●七日町まちなみ協、芳賀家蔵をリニューアル
●新設住宅着工、分譲減り5月は微減 ●福島信用金庫、霊山おてひめ支店を新築
●タケエイが相馬の28万平米取得、リサイクルプラント構想へ ●福島水道局、水道施設Aで2件公告
 
 
 
 
7月3日付
●建設産業政策会議、10年後見据え政策提言 ●喜多方地方定住自立圏、年内にビジョン案策定
●建設投資見通し、29年度54.9兆円 ●大山・松沢線、今年度は拡幅推進、本宮市
●4月の県内新設住宅着工、4ヵ月連続前年割れ ●くにみ農業ビジネス訓練所、研修施設はみさわ設計
●建コン業務、「標準履行期間」設定へ ●大玉村、幼稚園2施設の保育室増築は今月にも指名で
●南相馬市、ため池対策工事は21億で復興事業協組に ●地整郡山 高倉杉下交差点改良など直轄2地区に新規着手
●いわき市、文化センター耐震改修の入札は8月以降予定 ●郡山市28年度、建築確認1950件を受付
●国道401号博士峠工区、3橋の上部工を予定 ●久留米公民館ほか耐震診断はエスデー設計らに委託
 
 
 
 
6月30日付
●ため池放射性物質対策工事、142カ所、約70億を予定 ●二本松市街路灯LED化公募プロポはNTTファイナンス選定
●福島環境再生事務所を環境事務所に格上げ 伊達市、白根地区健幸拠点施設整備は今年度基本計画策定
●建設業の働き方改革、「短工期強要」に防止策 ●西郷村、新谷地中調整池を設置、送配水管計6Km布設も
●担い手確保育成検討会、研修の必要性を確認 ●村上、繁岡地区の海岸復旧は庄司、田中が候補
●経営管理責任者、要件緩和、適用30日から ●小名浜道路仮称8・9号橋の詳細設計は協和コンサルに
●相馬福島道路、構造物着手率85%に ●本名BP霧来沢橋の上部工は7.9億で東開グループが候補
●ふくしまの地域づくり最前線 所長に紙上インタビュー ●只見川、秋から堆砂処理実施、浚渫船で年間10万立方メートル
 
 
 
 
6月28日付
●401号博士トンネル、WTO一般競争公告 ●いわき建設発注見通し、399号で改良舗装など
●28年度全建賞、本県4事業が受賞 ●磐梯町、ふるさとの森線新設へ、県道間を2Km弱で連結
●復興加速化交付金、4町村の産業団地7.3億 ●会津若松市、(仮称)河東学園中外構など公告
●発電設備等に補助金、共用送電線接続の再エネ事業者 ●塙町、川上東河内線の新設橋梁、あす詳細設計入札
●技術者制度「品質向上」に目的進化、検討会報告書 ●玉川村、道の駅増築の設計・監理は溝井事務所が落札
●相双振興局、復興基盤整備3件公告 ●伊達小改築事業の工事は31年度から、来年度に実施設計入り
●新地町の複合施設は山口設計に ●鎌田小校舎耐震を再公告、700点以上に要件緩和
 
 
 
 
6月26日付
●県土木部のICT活用モデル、対象に道路改良4件選定 ●いわき市中部浄化Cの水処理施設、電気、機械設備を更新
●双葉町廃棄物減容化処理、技術提案重視で発注 ●会津若松市、水道施設総合整備計画策定へ
●27年度国勢調査就業状態等集計、建設業の増加率が最大 ●西会津町、シイタケ菌床培養施設は8月以降に工事入札
●復興交付金第18回交付可能額、2市町で2.5億円通知 ●須賀川市、東西幹線道路600メートルを28日実施設計入札
●広野の灰保管施設解体、県内A・B等級で公告 ●あゆり温泉の大広間を改修、矢吹町6月補正
●復興祈念公園基本構想検討、プレック研究所に委託 ●伊達市の通学合宿所、造成工は秋以降を予定
●原町川俣線、臼石地内で交差点改良 ●福島市の十六沼公園、グラウンド2面を拡幅
 
 
 
 
6月23日付
●ロボットテストフィールド、基本固まり実施設計へ ●渡利学習センター建設基本設計は明石事務所が落札
●県建築文化賞、3日から作品募集 ●白河市、農集排処理施設2地区で実施設計
●地域型住宅グリーン化事象、来月19日まで公募 ●啓誠福祉会の特養ホーム、フォルムに設計委託
●吉間田滝根線 広瀬1号トンネル、土木1200点以上が対象 ●会津若松市、優良工事4部門4社、来月3日表彰式
●県土木部、南会津建設の道路改良で快適トイレ初認定 ●大川幹線の用水路工は土木A.Bで一般競争、東北農政局
●国道4・13号の9橋梁補修設計は復建技術コンサルに ●相双建設発注見通し、長塚請戸浪江線測量へ
●月館小中一貫校整備、来年度に工事実施 ●松川浦漁港(海岸堤防1工区)は中村土木に
 
 
 
 
6月21日付
●289号入叶津道路、雪対策で構造物追加 ●常磐道の4車線化が本格着工、大熊、双葉追加ICも
●「福島水力発電促進会議」始動、目標出力100万kW増強 ●大玉西部幹線横断道路、拡幅工事は32年度から
●只見線復旧で県とJRが基本合意、30年度早期にも着工 ●二本松市スカイピアの体育館改修は9月ごろ工事入札
●大熊町大川原地区、中里・鹿島JVの落札決定 ●猪苗代町が統合中学校の基本設計策定、8社に指名プロポ通知
●小沢排水機場等ゲート設備復旧は東開工業が落札 ●神明通り商店街アーケードは木村建設が落札候補
●大熊町公募型プロポ、イチゴ栽培施設を設計・施工一括で ●渡瀬BP1工区改良舗装1500m、標準型で7月25日開札
●新地町、26日に駅前施設の設計 ●塙町、竹活用交流拠点を整備、8月上旬に改修工事発注
 
 
 
 
6月19日付
●農業農村整備事業、棚塩地区で消波堤着手 ●十六沼公園サッカー場のクレーコートを人工芝に
●県建設業協会、ポータルサイト開設へ ●二本松市、長命工業団地の実計を来年1月ごろ発注へ
●入叶津道路など計変、見直し継続は5件 ●いわき市が6橋の長寿命化着手、樋口橋を近く公告へ
●法定福利費と賃金、支払い実態を調査、国交省 ●原町区小浜字町線の改良、簡易型で9月に入札
●浪江町仮置場現状回復工、申請期限6日で公告 ●長井の残る18万立方メートル掘削で効率施工へCIM導入
●県除染講習会、来月20日まで申込受付 ●カーサ・ヴェッキオは共同建築設計に委託
●国交省直轄の調査・設計、3月納期5.5ポイント減少に ●郡山市契約課、30年度に発注業種見直し
 
 
 
 
6月16日付
●4号矢吹鏡石道路4車線化検討、5Km区間の調査着手 ●郡山合同庁舎耐震改修設計、清水公夫研究所に
●楢葉のセメント固型化処理、298億で鴻池JV落札 ●須賀川市、武道館など3施設の耐震補強をサンミックスらに
●帰還困難区域拠点内除染へ調査着手、環境省 ●繁岡第2地区海岸保全施設、2.5億で田中建設が候補
●労働局が安全衛生対策で国、県に計画的な発注など要請 ●柳津町学校給食センター新築は設備一括で入札
●ふたば未来学園特別教室棟ほか再公告、県教育庁 ●清水平リゾート線の設計は東北都市コンサルに
●被災建物解体、川俣町山木屋の49件を公告 ●川俣山木屋等農業生産施設は来月にも設計入札
●郡山市対象に公営住宅集約で官民連携検討 ●福島市、ため池対策工に着手へ、初弾は8月以降発注方針
 
 
 
 
6月14日付
●磯部で無堤防区間解消へ、農地、海岸10地区に新規債務負担 ●常磐BP6工区の改良舗装、三井住建道路ら落札
●県の総合評価入札、「価格逆転」の割合上昇 ●鮫川筋の堤防築堤工、1.3億でクレハ錦が候補
●ふたば未来学園建築工事、特別教室棟ほか田中・堀江JV ●五十沢地区の湛水防除、今年度は函渠工など、県北農林
●仮置場資材利活用方法など調査検討、県が市町村除染支援で ●福島大学、食農学類新設、研究棟等設計でプロポ
●複合化の行仁小学校施設を地域拠点化、公募プロポ公示 ●下郷町湯野上地区多目的施設、今年度の設計着手予定
●廃棄物仮置場整備撤去11カ所、三協技術で実施設計 ●若松・ICTオフィスビル、8月にも建築着工
●新地町の埒浜防災・磯山展望緑地、公園施設工が本格化 ●西郷村・拠点づくりプロジェクト、概算事業費47億試算
 
 
 
 
6月12日付
●28年度新設住宅着工、貸家が半数近く占める ●白河市、有資格業者延べ118社、西白河郡は格付け外に
●霊山福島道路 霊山〜福島、本線部2カ所を一括で ●郡山市6月公表発注見通し、橋梁修繕など追加
●社保未加入W点の減点を強化、7月にも中建審で審議 ●田村、湖南行政センター耐震診断は堀井勝典研に
●4月のセメント販売、港湾、道路橋梁が大幅増 ●玉川村、水道未普及地域を解消、基本設計は武田コンサル
●福島市の幼稚園再編成計画、年度内にも設計発注 ●国道399号平北目拡幅の平川橋、上部工を近く公告へ
●梁川バイパス広瀬大橋、標準型で上部工を発注 ●相馬市6月補正、旧庁舎解体に2.5億
●福島市新町に56戸分譲マンション ●桧沢川静川地内護岸工など今月末に2件随契、南会津建設
 
 
 
 
6月9日付
●浪江町棚塩地区基盤整備が設計段階へ、URがプロポ公示 ●相双振興局、海岸保全施設と基盤整備は石川、関場が候補
●業務報酬基準改正へ検討委、国交省設置 ●須賀川市、配水管布設替2件公告
●県の中小企業等復旧・復興支援、来月7日まで募集 ●中島村発注見通し、屋内ゲートボール場改修
●分析・研究施設第2棟、内装設備設計に着手へ ●郡山市合庁耐震改修、15日に設計等入札
●川俣町山木屋可燃物搬出工、WTO、土木Aで公告 ●磐梯町の清水平リゾート線、14日に詳細設計入札
●いわき振興局、才鉢工区橋梁下部工など標準型で公告 ●県北農林、貝田地区ほ場整備、第2工区整備に着手
●南相馬市6月補正、小高商業施設に設計費 ●福島市優良工事、寿建設ら7社受賞
 
 
 
 
6月7日付
●相馬福島道路の大規模切土、WTO2件一括審査で ●23日に宮川こども園入札、設備一括で6者に通知
●県農林水産部の公共事業執行計画、震災後最大603億円 ●会津若松市、学校耐震化設備工事3件を公告
●国の施策等提案・要望、イノベ推進など38項目に ●JAあいづよつば、北塩原支店の移転新築は樫内建設工業に
●常磐道4車化、広野工区は大林組が22.4億で落札決定 ●郡山市6月補正予算案、積込場4カ所を整備
●大熊町新庁舎の優先交渉権者は鹿島・永山設計JVに ●田村市6月補正予算案、市道32路線改良に3.8億
●南相馬市、院内保育所は関場建設、再生可能エネはでんきや ●上名倉飯坂伊達線 大笹生工区、来月にも改良舗装工入札
●海岸災復旧 村上・繁岡地区、復旧型で28日に2件 ●福島市、汚水管渠布設など公告、提出期限28日
 
 
 
 
6月5日付
●28年度県発注工事、契約額2年連続前年割れ ●鏡石町第5次上水道拡張、浄水場整地や管布設
●県土木部、今年度執行計画2761億 ●県設計協組共同受注委員会、三春庁舎は白井チーム
●28年度熱中症死傷者、建設業113人で最多 ●郡山市上下水道局、配水幹線更新など推進
●いわき大王製紙、廃棄物焼却炉施設を増設 ●南会津町、水道事業統合13億計上
●施工時期の平準化、自治体への浸透促進、国交省 ●美しい会津若松景観賞、応募締め切りは7月10日
●伊達市が博物館整備、今年度基本構想・基本計画は30年度 ●国道399号十文字工区、2橋の上部工発注へ
●阿津賀志山史跡公園、基本設計は7月以降発注 ●いわき市、個人住宅改良の費用助成、15日から受付
 
 
 
 
6月2日付
●避難路沿道建築物、おおむね50棟が該当 ●郡山市、柴宮小屋体など公告
●浪江町、復興整備協議会を設立 ●福島市水道局、19.5億で布設替など推進
●建設産業政策会議、適正工期の責務明記 伊達市の水道事業、上小国施設整備に1.8億
●常磐道4車線化、好間トンネルはフジタ ●神明通りアーケード建設工事で一般競争
●東北農政局、村上第2排水機場ほか復旧を公告 ●南会津広域新消防署の内部コンペは村上・エーユーエムに
●いわき市、住宅団地2カ所計画 ●小名浜港湾整備予算157億計上、東港で岸壁上部工など
●須賀川市水道事業、管理本館改築に着手 ●新地町海釣り公園の復旧整備、夏前に設計完了へ