- News - 

  槌 音    購読会員    データWeb    会社概要    TOPへ

主要記事内容

<完成工事高一覧>/<次年度国・県要望事項一覧>/<発注機関人事異動詳報> <資格試験・講習会要項>/<各種資格試験合格発表>/<入札公告・開札情報・結果速報> <建設業行政>/<発注機関の予算と施工個所>/<催事・イベント記事>
 
 
3月22日付

●戸建て住宅、坪単価62万、高止まり状態

●原町第1処理場で耐震工事、管渠整備に6.5億計上

●復興祈念公園、中央に追悼と鎮魂の丘

●南相馬新庁舎、防災機能充実など要望

●最大津波、県が浸水想定を作成 ●常磐BP起点部改良、クレハ錦建設が落札
阿武隈川岡部下流地区など堤防整備、佐藤建材工業ら落札

棚倉町新年度予算、側溝堆積物処理に4.5億

●除染土壌の土木資材化へ、モデル実証を計画 広瀬工区小野北ICランプなど下部工は福浜大一ら候補
●磐梯町、磐梯大谷線約4キロを整備

●二本松市、城跡公園の文化格好施設工事は19年度内入札

会津坂下町、坂下南・東小空調設置2件、25日指名競争で

●桑折町、大カヤ保護へ周辺整備
 
 
 
 
3月20日付

●地価公示、商業地上昇率は上位を福島市独占

●野積場、東港など開札、三崎組、山木工業ら候補

●県建協青年部の制限年齢、50歳まで引き上げ決定

●福島市市営住宅ストック改善、下釜団地は全体を集約

●震災、原発事故による仮移転の特例延長、20年度末まで 本宮市、ため池土壌運搬を公告、申請25日まで
1月の新設住宅着工、11年並み水準に落ち込む

●ザベリオと南町保育園、2法人が増築、改修

●登録有形文化財、県内から2カ所3件答申 磐梯町予算、町営住宅整備5200万円、清水平リゾート線も
●浪江町新年度予算、南産業団地など着工費

●白河市、空き家対策係を新設

大熊町交流ゾーン整備の優先権者、鹿島・梓設計JVに

●矢吹町複合施設、12.9億で高田・伸和・平成JVに
 
 
 
 
3月18日付

●国営造成水利施設、補修、長寿命化を県営で

●ラスティングアソシエイツ、福島市に宅地115区画

●県幹部人事、土木部長に猪股氏

●二本松市、3校で改修工事実施

●建設業法、25年ぶり抜本改正、初の許可基準見直し 楢葉町新年度予算、栽培施設整備に26億
県建設業協会経営合理化委、週休2日制の目標了承

●川内村、小中一貫校着工へ、ワイン醸造施設4.4億円

●双葉駅西側第1地区、基盤整備でUR一般競争 郡山市のため池除染、市街地20池で対策工
●三島町役場庁舎、20年度に耐震改修

●安積永盛駅でEVや駐車場等検討

桧枝岐村新年度予算、新下水処理場を建設

●浅川町新年度予算、上水道工事費に1.2億円
 
 
 
 
3月15日付

●県、ICT活用工事拡大、一定規模以上で原則化

●広野小高線の改良舗装など、田中・平尾JVら候補

●i-Construction 生産性向上もコスト課題

●会津若松地方広域圏組合のごみ焼却施設、新年度に公示

●i-Conサポート、全国で53事業所選定、国交省 喜多方広域圏の新庁舎・消防庁舎敷地造成は大塚工業に
高校生の現場見学会・実習、イメージ向上に効果

●吉間田滝根線広瀬工区改良、石覚組が落札候補

●ふくしま建築住宅センター、次世代住宅でポイント説明会 特養つつじの里・GHきずな、増子工務店らに決定
●葛尾村新年度予算、東部産業団地に造成費

●古殿町新年度予算、コスモス荘改築に5億

小名浜港湾、野積場基礎工その3公告、JV混合土木A

●川俣町、中央公民館を耐震化、新年度早々に基本計画
 
 
 
 
3月13日付

●積算基準改正、現場管理比率、全工種で引き上げ

●檜枝岐村、建替庁舎6月ごろ発注

●直轄調査・設計、地域企業の活用拡大

●郡山市、総合評価「簡易型」など再開

●がんばろう東北、復興けん引へ一致団結 平田村新年度予算、こども園建設に3.9億
1月の本県生コン出荷、4ヶ月連続前年上回る

●菊池医院建替、近く実施設計委託

●震災から8年、前例なき課題へ挑戦、追悼祈念式で決意 旧三春中跡地活用を検討、子育て支援施設など視野
●富岡町新年度予算、アーカイブ施設着工

●伊達小改築の基本設計案、校舎棟はRC造3階

木戸停車場線の町東橋上部工、簡易型で来月17日開札

●二本松・油井小、増築規模2F550平方メートル
 
 
 
 
3月11日付

●安心空き家取得促進事業、建物状況調査に補助

●東北リズムの工場、大和ハウスの設計施工

●グリーン復興、4月にも構想を策定

●阿津賀志山防塁の史跡公園、来年度は排水整備工事

●主要渋滞個所、16交差点で追加対策検討 福島市下水道、終末処理場で耐震補強
ロボットテストフィールド整備、矢田工業で橋梁上部

●南相馬新庁舎、19日に検討委意見集約

●浪江町大型建物の解体、一般競争、来月26日開札 震災復旧全512ヶ所が完了に、小名浜港湾建設
●復興庁、後継組織の設置明示、省庁またぐ「司令塔」に

●天栄村新年度予算、給食施設改築に4.5億

東北電力の奥会津水力館、前田・地元4者JVで着工

●白河広域圏組合、移転の矢吹消防署に4.5億
 
 
 
 
3月8日付

●昨年1年間県内新設住宅、戸建て、共住とも分譲増加

●新知町新年度予算、商業施設の敷地造成

●廃棄物貯蔵の双葉2工区、77.8億で鹿島が落札

●新年度に沼部堰の詳細設計へ、企業局いわき

●専門企業評価、業種別にモデルケース 川俣町新年度予算、仮置場返還へ8億円
国営追悼祈念施設、月内にも契約候補特定

●渡利学習センターの改築は3分割で、福島市

●旧棚倉高校校舎を新年度に解体工事、県教委 猪苗代町新年度予算、統合中実計費を計上
●緊急時の発注候補名簿、19日まで登録受付、東北農政局 ●会津若松市、1.9Kmの林業専用道整備

福島環境事務所、仮置場補修3件を公告

●石川地方環境組合、2施設の基幹設備改良へ
 
 
 
 
3月6日付

●2019・20年度県工事資格登録、県内減も県外増加維持

●桑折高架橋の床版工など、佐藤工業が2件落札

●湯野上3号トンネル、熊谷・大本・株木JVに

●本宮市・桑折町・大玉村の新年度予算

●高郷地すべり、県道被害復旧額10.5億 伊達小等改築の実施設計、設計協組と1億で随契
ヨークベニマル原町店、建替で複合商業施設に

郡山市、除去土壌搬出約2.2万件を計画

●ふくしま産業復興立地補助、郡山、いわきで説明会 郡山市、小中13校で施設改修
●南会津森林組合、台板橋で里山モデル整備 ●飯舘村新年度予算、深谷交流広場に8.6億

高田厚生病院の西棟など、新年度に耐震改修着工

●仁井田川築堤工、2.7億で堀江工業が落札候補
 
 
 
 
3月4日付

●阿武隈川改修、20年度まで集中実施

●相馬市新年度予算、復興市民市場に着工費

●東北地整総合評価方針、維持工事実績に加点

●今野畜産の工場新築、タカヤが設計施工

●建設業許可の空白解消、事業継承に事前認可制 安達地方広域行政組合、新年度予算は46%増
技術提案・交渉方式、中小規模に適用拡大

保原に認定こども園新設、事業者選定でプロポ

●週休2日、直轄でモデル工事試行、国交省 ●福島市水道局、老朽管更新事業を加速
●相馬港沖防波堤を公告、1次下請けの実績も容認 ●須賀川地方広域消防組合、旧石川消防署を解体

休石の土地利用を検討、会津若松市

●オリックス、鮫川村青生野で太陽光発電
 
 
 
 
3月1日付

●ロボットテストフィールド整備、新年度、工事全面展開

●ヨークベニマル本社移転、今月中央・地元を指名

●県内企業、受注高5年ぶり8000億割れ

●石川町、道の駅・病院等の検討委を立ち上げ

●浪江町建物等解体撤去600件、WTO簡易型で公告 福島市、交流・集客施設の基本計画を建設技術研究所に
小野工業所が博陽工業(熊本市)と資本提携

二本松市、長命工業団地の造成は丸中JVに決まる

●喜多方市、19年度一般会計予算案詳報 ●二本松市、若宮・鉄扇町線の改良、函渠工など公告
●喜多方広域市町村圏、新庁舎・消防庁舎実計費計上 ●請戸漁港の防波堤復旧など、横山・三国屋JVら候補

三春町新年度予算、新庁舎建設で工事費

●双葉地方水道企業団、水道建設改良に12.6億
 
 
 
 
2月27日付

●大熊町帰還者向け住宅、11日から参加表明受付

●葛尾村、産業団地造成は9.1億で横山建設が落札

●県浪江ひまわり荘仮設施設、最優秀にエーユーエム

●伊達市新年度予算、ため池対策に24.9億

●設計労務単価、県も3月1日改定 国見町新年度予算、歴史公園整備で2.4億
浪江町の木材製品生産施設、浪江復興特定JVを選定

喜多方市新年度予算、県立病院跡地取得など

●再エネ導入、県が行動計画改訂案を公表 ●杉峠のトンネル化を、改良促進同盟会が県に要望
●渡辺復興相、後継組織含めて3月に期間後の方向性 ●矢吹町、複合施設建設を公告、3者JV来月18日開札

小名浜港湾建設、野積場・管路工は加地和・吉多美JV

●長者に分譲マンション、12階建て33戸で計画
 
 
 
 
2月25日付

●設計労務単価、公表開始以来の高水準

●ハシドラッグ鳥谷野店は王子建設で5日起工

●技術者単価は3.7%増、97年度以降最高

●西郷村、新庁舎等拠点の基本計画はパシフィックコンサル

●次世代住宅ポイントなどセミナー、建築住宅センター 東新工業が四倉工業団地に初進出、施工者選定中
国交省・総務省、適正工期確保へ早期繰越手続き要請

いわき建設発注見通し、小名浜道路関連など追加

●二本松市新年度予算案、油井小増築へ実施設計 ●浪江町、交流・情報発信拠点施設は泉田組が造成落札
●あづま球場にライブカメラ、芝改修を配信 ●佐野目地区かわまちづくり、新年度に2期着工へ

福島市、新年度予算の概要

●北塩原村、5施設の空調設置など1億2660万円の追加予算
 
 
 
 
2月22日付

●福島養護学校、全面改築工事着工へ

●福島駅東口再開発ビル、駅前部は18階建て想定

●福島市新年度予算、学習環境整備に30億円

●郡山市の長寿命化改修、大島小で実施設計

●ICTなど課題協議、建協と国交省出先が意見交換 田村市が電子入札システム導入、当初予算で780万円
環境省補正、尾瀬整備費に6億円

南相馬市新年度予算、除去土壌撤去に18億円

●県中児相移転改築、農業試験場跡地で計画 ●広野町、駅東側住宅整備でプロポ
●品確法改正案に大筋で合意、自民党品確議連 ●小高地区の防災林造成など、候補に中里・柿崎JVら

福島市予算案、除染土搬出に190億円

●喜多方市、病院跡地に複合施設、整備計画構想案を公表
 
 
 
 
2月20日付

●県土木部2月補正予算案、緊急対策対応で112億

●須賀川市新年度予算、文化センター耐震補強に9.3億

●木戸ダム水力発電、最優秀に前田建設グループ

●田村市は東部産業団地に造成費

●中規模ビルに省エネ法適合義務、改正案が閣議決定 聴覚支援学校、寄宿舎解体工事を公告
津波原子力被災地域立地補助、5月27日まで受付

西郷村、総合運動公園基本構想、優先交渉者に国際航業

●阿武隈川の堤防対策、技術審査一括で3件公告 ●県北建設事務所、関場トンネル年内発注へ
●国交省2次補正分、東北地整は20.5億 ●川俣町、温室ハウス2棟の建築は5JVで来月入札

双葉町中野地区復興産業拠点2期、説明会に24事業所

●喜多方市、都市機能誘導区域に180ヘクタール計画
 
 
 
 
2月18日付

●国営造成水利施設、3地区で応急対策調査、東北農政局

●行仁小学校の校舎等建設、第1四半期に工事入札

●昨年の県内生コン出荷、民需増加も全体は3.5%減

●会津美里消防署、移転新築へ基本設計

●中間前払金、市区町村の8割導入 福島大学本部管理棟の耐震改修、工事は6月ごろ公告
国交省、補正の早期執行指示

桑折町新庁舎、建築入札は夏ごろ予定

●技術者能力評価、過去の経歴も対象に ●いわき市水道事業、老朽管2.8万mを更新
●吉間田滝根線広瀬工区7号ランプ橋、下部工5件公告 ●日立木小の校舎長寿命化、建築は小野中村が落札

白河市予算案、小峰城跡石垣修復に3.2億

●葛尾産業団地の敷地造成、指名競争で26日入札
 
 
 
 
2月15日付

●河道掘削、堤防補強など治水安全向上に新規施策

●いわき市2月補正、エアコン設置に62億

●23年度まで4週8休へ、県建設業協会

●小名浜港湾、簡易型で野積場ポンプ建屋など6件

●郡山国道事務所、通常事業にPPP導入 喜多方建設発注見通し早発分、工事3件、測量等13件
県の総合評価運用見直し、「本店」は上乗せ加点

あいづ体育館、カバー工法で屋根改修

●双葉町中野基盤整備工、2工事一括入札で公告、UR ●歴史情報公文書館、基本計画策定費を計上
●県北建設、田尻橋架け替えへ設計 ●白河市本庁舎、県南・兼子JVが落札

いわき市新年度予算案、老朽水道管更新に53億

●須賀川土木庁舎改築は渡辺建設が落札候補
 
 
 
 
2月13日付

●情報共有システム、3000万以上で原則活用、県土木部

●矢祭町、中央公民館は駅と合築

●国道維持管理交通安全対策、緊急対策に21.7億

●吉間田滝根線広瀬工区、土木Aで本線改良工

●国営追悼祈念公園、実施設計のプロポ公示 会津若松市、小・中校の空調設備は会津ガスJVらと随契
双葉駅西側地区の整地工など3月公告

●会津若松市の新庁舎、免震構造6F、1.3万平方メートル

●国交省、2次補正で本県に交付金129億円 ●いわき四倉中核団地、北拓が進出計画
●入札不調対策、予定価格に見積もり反映 ●伊達市、公民館跡地に交流施設

●早発等発注見通し公表、県土木部

●福島文化学園の認定こども園は菅野建設施工で着工
 
 
 
 
2月8日付

●再生加速化交付金、農道野手神2期が採択

●須賀川市稲田公民館改築、電子入札で28日開札

●防災・減災国土強靭化、緊急対策本格スタート

●若松市の県立病院跡地の需要調査、子育て支援機能最多

●福島送電、阿武隈南部線の新設は候補者にユアテック 長塚跨線橋の橋台は田中・栗林JVが候補
棚塩の滑走路付属格納庫、3分割で来月8日開札

●請戸住宅団地の造成、住民帰還へ本格着工

●県発注工事、12月契約額4カ月ぶり増 ●小高地区の防災林造成など候補に中里JVら
●安積永盛駅周辺改良を検討、来年度以降にも具体化へ ●長命工業団地の造成の最低札は丸中JV、低入札調査へ

●郡山市歴史情報・公文書館、中央図書館駐車場周辺に

●14日に外壁劣化調査、蓬莱団地の4棟が対象、県出納局
 
 
 
 
2月6日付

県土木部の19年度予算案、復興関連道路「重点化」

日本赤十字社、旧福島赤十字病院解体工事を公告

●宮下病院、建て替え前提に基本構想

●伊達市給食センター車庫棟改築、山崎組が落札候補

●県19年度予算案、投資的経費11%伸ばす 福島圏域議会連携組織が発足、11市町村で情報共有
県中児童相談所を一体整備、プロポ採用も視野か

●鶴ヶ城の躯体補強へ、2層・5層で壁増打ち案

●葛尾村の除染・解体、WTO標準型で公告 ●渡瀬BP改良工520m、簡易型で2工区初弾工
●野上小塚工区1号橋下部など、標準、簡易で来月13日 ●4号鏡石拡幅、境地区舗装を公告

●上仁井田戸田線の改良、土木特A・Aで公告

●郡山市、発注見通し48件公告、ゼロ市債で22件
 
 
 
 
2月4日付

●ふくしまME基礎、民間技術者資格に登録

西会津町、新年度から中心エリア整備構想策定へ

●県建協青年部が臨時総会、会員資格年齢引き上げへ

●郡山認可保育所、堀内学園などを選定

●国交省の電子納品、オンライン化を今月試行 県中農林事務所、ほ場整備で3地区の事業化計画
都道府県と指定都市へ適正工期、平準化促す、総務省

●小名浜港周辺の賑わいへ、官民連絡調整会議

●棚塩工区の滑走路整備工を公告、RTF ●安達公民館の耐震化事業、来年度に実施設計着手
●中間貯蔵輸送大熊工区、県内土木Aで公告 ●福島大学、管理棟耐震設計を公告

●昨年の住宅着工、94万戸台で2年連続減

●国道114号の落石防止工、5月に2件入札へ
 
 
 
 
2月1日付

●国交省、納期平準化へ調査・設計にゼロ国債

相馬市、5小中学校の空調機器設置を今月中にも指名

●水道施設耐震化状況、県内基幹道路の耐震適合率は55.1%

●南会津町の田代山保全など、新年度に詳細調査着手

●来年度建設投資、見通しを上方修正、01年度以降で最高に 喜多方市、小中学校エアコン賃貸借は星電気工事ら候補
上保原トンネル工事、12.7億で竹中土木

●古道・北移地区のほ場整備は来年度新規採択目指す

●農水省、新規・中小の参入促進で総合評価2タイプ試行 ●4号泉崎・矢吹事故対策、赤沢地区改良を公告
●仁井田川築堤を公告、夏井川河口部の治水対策 ●白河二中、全面改築の校舎・体育館、近く実施設計を随契

●原釜尾浜緑地の園路施設など、小野中村らが落札候補

●五百川堤防改築、築堤工300メートルを3月入札
 
 
 
 
1月30日付

●県内私立学校、耐震率は全国43位

広野小高線浜野橋の下部工2基、復旧型で来月開札

●建設業法・入契法改正など今通常国会に、全体で50法案

●大熊町福祉施設整備の公募プロポ、優先者に積水ハウス

●福島環境事務所、WTO2工事を公告 相双振興局、小高地区2件の防災林造成は復興型で
桑折高架橋赤坂床版工、佐藤工業が3.3億で落札

●福島市コンベンション、参加申請は来月13日まで

●墜落制止用器具の新規格を告示、来月施行、厚労省 ●二本松市、霞ヶ城三の丸を復元、詳細調査へ情報募集
●外国人雇用、建設業は2万事業所 ●郡山市歴史情報公文書館、述べ3000平米程度を想定

●トヨタカローラ福島城北店の新築、9月オープン目指す

●吉間田滝根線広瀬改良、広瀬不動入地区を公告
 
 
 
 
1月28日付

●県内市町村の債務負担活用まだ2割

広野小高線の浜野橋架け替え、残下部工を来月発注

●RTF整備、棚塩工区を近く公告 ●南相馬市、北町9号線の改良舗装工は一般競争で
●福島環境事務所、輸送路改良設計を公告 二本松市、市立小中学校の冷房設備は3月に入札
一条工務店がメガソーラー建設へ

●国道114号山木屋3工区、改良舗装工407メートル公告

●ハシドラッグが鳥谷野に新店舗計画 ●伊達市内3カ所の砂防堰堤、補修方法検討へ設計
●矢吹町の複合施設建設、建築を来月下旬に公告 ●喜多方市町村圏、庁舎敷地造成費6660万円補正

●郡山国道事務所、広瀬改良で2件公告

●会津若松市が鶴ヶ城長寿命化へ予防保全計画
 
 
 
 
1月25日付

●入札時積算数量書活用方式、県、19年度導入を検討

国見町の小中学校エアコン整備、3月ごろ工事入札

●建築文化賞、知事から表彰状、優れた建築への努力に敬意 喜多方建設発注見通し、50橋梁定期点検など
●県地質調査業協が県土木部と意見交換、発注平準化を要望 逢瀬川・右支夏井川のCM、公募型プロポを公告
西道路2期の平田川橋下部工、県内・土木Cが対象

●船引BP改良工、3工区初弾2件を開札

●法定福利費明示、発注者15%が導入 ●福島高専、図書館改修で設計2件
●本宮市、都市再生整備計画を変更、中條河畔広場など ●浪江町、交流・情報発信施設のプロポは安藤ハザマに

●県北建設、五百川築堤工など追加

●野上小塚工区の3号橋上部、2.5億で矢田工業候補
 
 
 
 
1月23日付

●ICT土工活用、週休2日証明書、自治体工事でも発行へ

二本松市1月補正、冷房設備設置に2.5億

●「復興係数」の継続表明、加速化会議で石井国交相 ●県立医大の動物研究施設増築、県内、建築Aで公告
●美馬建設、大正工業が合併、新会社「永洸建設」設立 相双建設事務所、人工リーフなど追加
業務報酬基準10年ぶり改定、標準業務量を全面更新

●南会津町の町産材新築補助、新年度も事業継続

●商業まちづくり基本方針中間整理案、圏域単位で立地可能 ●西会津町の新町橋補修、海老名建設に決まる
●官庁施設の積算要領改定、2月1日から適用へ ●広瀬改良、矢大臣の改良工2件、拡大Cで来月20日開札

●浪江町の建物解体・除染、113億で安藤ハザマJV

●矢武川改良、2橋上部工を再々公告
 
 
 
 
1月21日付

●雇用支援機構、新年度以降に実態調査

景観賞の在り方検討、会津若松市が応募数減で

●相馬地区6号維持補修工事、地域維持型JV試行 ●北塩原村、住宅用地造成を計画、北山に6区画
●石川町、道の駅整備を計画、来年度にも基本構想 駅東口コンベンション施設、福島市が補正で調査費
建築物省エネ法改正へ、中規模非住宅の適合義務化

●県出納局、国道114号4号橋上部工を公告

●本県所在企業の11月受注高、再び減 ●石川町、鉱物館整備へ来年度にも基本構想策定
●都市公園改修の支援拡大、来年度に面積要件廃止 ●西郷村拠点づくりプロジェクト、役場部分の測量入札

●若松第三幼稚園の新築、来月上旬に施工者決定

●葛尾産業団地の敷地造成、指名競争で来月入札
 
 
 
 
1月18日付

●工期で勧告制度など、業法改正へ「当面の措置」

磐梯町が道の駅拡張構想示す、隣接地にホテルなど

●技術検定試験を再編、1次合格で新たに技士補 ●高子駅北地区、1.6ヘクタールに居住施設等整備
●桑折高架橋の床版工、C対象で界地区公告 福島消防署清水分署設計、業務1型で来月20日
住宅事業者向け消費増税対応説明、本県は来月20日に

●小名浜道路臨港地区設計は東コンサルに委託

●昨年1年間の労災死傷者数、建設業は微増の347人 ●白河市本庁舎耐震・大規模改修、建築を2月14日開札
●中間貯蔵施設、輸送は前田JVと戸田JV ●小野町新庁舎、候補地5案の概要公表

●西会津町杉山前佛線、計画延長1.7キロを整備

●郡山中央IC開通、地域活性化への貢献期待
 
 
 
 
1月16日付

●福島環境事務所の特定拠点整備、4町村で工事発注計画

いわき市、小中学校のエアコン設置は県設備設計協と随契

●NEXCO郡山管理、WTOで事務所新築 ●小高地区の防災林造成など、来月6、20日改札
●双葉町中野地区復興再生拠点、残り21ha一括発注 若松地方広域圏組合、新年度に美里署庁舎着手
建築士事務所キャンペーン、柿崎日大教授が講演

●南会津合庁空調設備を改修、県内A、来月15日開札

●福島市、子育て支援系39施設を再配置へ ●田村市、設計・測量一括でパークゴルフ場計画
●本宮市の第3保育所移転新築、建築主体は菅野建設工業 ●国道118号改良、野仲橋下部工など公告

●才鉢2号橋は3.7億円で東開・三井JV

●須賀川土木事務所、3分割で庁舎改築公告
 
 
 
 
1月11日付

●福島西道路2期、年度内に工事4件発注

水素利用設備導入可能性調査の契約候補者に北芝電機
●大規模災害時の測量・設計業務、事前ルール化を要望 ●飯田製作所福島第2工場増築、第3棟5月着工目標
●地域建設業の現状把握、東日本保証がアンケート調査 保原新工業団地の開発、オオバで基本設計
太陽の国再整備、けやき荘設計を再公告

●角部内工区の新白金橋、下部工2基を近く公告

●喜多方市、歴史的建造物の保存・活用へ条例案 ●小名浜港照明設備等の設置、県内・電気Aで公告
●湯川中エアコン設置設計は大和設計事務所に委託 ●白河市、3分割で本庁舎耐震・改修、今年度内発注へ

●二本松市の文化観光施設、規模は2階建約1500平米

●広瀬工区の6号橋上部工、2.9億で東開工業が候補
 
 
 
 
1月9日付

●最低制限価格等未導入団体解消目標に、県発注者協

●常磐道余木田川橋補修を公告、東北道吾妻橋の塗装も
●解体工事、6月以降は許可必須 ●郡山市東部幹線富久山工区、今年度は測量実施設計推進
●浪江町の木材生産施設の公募プロポ、内容見直し再公告 三春・須賀川・石川土木、舗装補修工など追加
国営追悼祈念施設、今年度内にプロポ手続き

福島市発注見通し、発達支援センターは3分割

●大熊町大川原地区第2期、3月に公募手続き開始 ●二本松市、第2次環境計画で素案
●若松市、公共建物長寿命化へ指針案、耐震含め予防保全 ●相双振興局、井出長塚線の地盤改良など公告

●喜多方建設、国道121号温沢橋を補修

●いわき市発注計画、小浜避難路2工区追加